株式譲渡

 

M&Aにおける株式譲渡とは、対象企業の株式を譲渡することによって経営権を移転させる手法を指す。

 

ただし対象企業の支配権を移転させるためには、少なくとも株式(議決権)の過半数の移転が条件となり、定款の変更や合併会社分割などの組織再編を行うための特別決議要件を考慮すると、株式(議決権)の2/3以上の譲渡をすることが望ましい。

 

M&Aにおける他の手段に比べ、手続が比較的スピーディーなことから、中小企業のM&Aなどでよく利用される手法。

 

関連用語