DCF法(Discounted Cash Flow)

DCF法とは、インカムアプローチによる評価手法の一種であり、日本語で割引現在価値法という。評価対象が将来獲得するであろうと予測されるフリーキャッシュフローを、適切な割引率で現在価値に割り引いたものの合計をもって評価対象の価値とする方法である。理論的な方法であるが、将来の予測が困難なこと、および割引率の計算に必要な各種前提条件数値にえったい的に正しい基準値がないため、算定結果が大きくぶれやすい。

関連用語