静岡県事業承継M&A研究会

 

静岡県事業承継M&A研究会とは

 

県内全域の事業承継M&Aを、

専門に取り扱う企業各種士業

事業承継・M&Aについて、

研究(共有)、情報収集、情報発信、

支援活動を行うために発足された

任意団体です。

高齢化を避けては通れない今日、

後継者問題は社会問題になっています。

後継者へのスムーズな引継ぎをし

企業が継続し続けるお手伝いや

事業承継(M&A)の普及活動等、

多方面に渡り支援・研究する団体です。

 


事業承継M&A 定期勉強会

事業承継M&Aを実際に進めていく際は、

円滑且つ円満な引継ぎの必要性があります。

社長業の引継ぎと株の集約には、

話し合いの時間を掛けていきます。

支援者は経験だけではなく、専門性、情報収集、準備を徹底的に行っていく必要があります。しかし、事情承継M&Aは同じケースはありません。そのため新しい情報をアップデートするため勉強会を開催しています。

情報発信

運営事務局より、「事業承継M&A共同通信」を発行致します。

事業承継M&Aの基本情報や、ノーネーム情報など様々な情報をお届けします。

また定期勉強会の報告もこちらで共有することができます。

合同プロジェクトチーム

各々の専門性を駆使して、

共同で案件の解決に取り組みます。

そのため事業承継M&Aの知識の共有、情報の蓄積もでき、今後の人材育成にも役立ちます。


活動目的

多くの中小企業経営者対し事業承継の重要性を広く普及するとともに、社会の変革に備えて中小企業を安全にかつ効率的に次世代への事業承継に導くこと。またその行為によって、社会全体の利益の増進に寄与することを目的とする。

事業概要

(1)事業承継(M&A)に関する知識の啓発と普及

(2)事業承継(M&A)に関する調査、研究及び情報の提供

(3)事業承継(M&A)に関する情報誌の発行

(4)静岡県内の事業承継(M&A)関係機関との交流

(5)事業承継(M&A)に係る人材の教育の実施

(6)その他、目的を達成するために必要な事業

設立

■2020年 4月設立