早期対策が要!事業承継のあれこれ 【第1回】

皆様、「静岡ビズコネクトセンター」へようこそ!

 

「早期対策が要!事業承継のあれこれ」と題しまして、皆様に事業承継について簡単に知っていただくため、定期的に情報を発信していきます。

 

では、第1回のテーマは「事業承継は何を受け継ぐの?」になります。

 

事業承継のご相談をさせていただくと、「もう後継者に社長業を引き継いでいるから大丈夫」と言われる方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、事業承継は「社長業」を引き継ぐだけで終わりではありません。

 

事業承継では、大きく3つ引き継ぐものがあります。

1つ目は「ヒト」。社長業・経営権といったもの。

2つ目は「モノ」。事業用資産など。

3つ目は「カネ」。自社株式など。

 

多くの方は、「ヒト」の引継ぎをして、事業承継はできたと思い、「モノ」「カネ」の2つを引継していないというケースが多々見られます。

 

「モノ」と「カネ」この2つの対策を行っていないと、相続発生後に後継者が会社を経営していく上で、大きな足枷を負ってしまう可能性があります。

 

いくつか例をあげると、

①会社の土地・建物等の事業用資産が社長個人の名義となっており、相続発生時に会社経営と関係のない親族へ相続されてしまう

②相続発生時に会社経営と関係のない親族へ自社株式が相続されてしまう

などがあります。

 

これらの対策をせず相続が発生してしまい、後継者が自社株式を過半数所持していない・会社の建物が建っている土地が会社経営と関係のない親族が相続してしまったなど、今後後継者が会社経営をしていく上で、障害となってしまう可能性を残ってしまいます。

 

このようなことがないようきっちり対策をしていきましょうというのが、事業承継対策になります。

 

今回は、「事業承継は何を受け継ぐの?」ということを説明させていただきました。

 

静岡県のM&A・事業承継は静岡ビズコネクトセンターにご相談下さい