事業再生 真の企業価値向上に向けて支援致します

過剰債務問題に対する解消策や経営合理化について、企業は利害関係者からの強い要請を受ける状況に置かれています。

当センターでは企業様と一緒に伴走型の支援を行います。

 

企業自身の視点のみならず、それら利害関係者、特に金融機関の視点を考慮した『実現可能性の高い抜本的な事業計画』を作成し、その計画に基づく適切な利害調整を行います。

 

事業計画の策定については、事業の撤退やコスト削減、あるいは資産処分によるバランスシートの調整といった、『リストラクチャリング』もご支援いたします。

 

企業の延命ではなく、「真の企業価値向上」を目指します。

 

ご支援の方法

まず、ヒアリングを実施し、現状分析と問題点の抽出をしていきます。

 

その後、解決策を一緒に探っていきます。

関係会社整理、資産の売却、M&Aの実行などを検討していきます。

 

解決策提示後、弁護士や公認会計士等の士業と再生スキームを実施していきます。

 

そして、中長期計画を立案、フォローアップを行い、健全な経営体質にするために伴走支援していきます。